夢と徒然

楽しかったことの記録とミッキーマウスとの思い出

はじめにの記事

 

このブログについての説明です。

 

 

 

 

いわゆる「はじめに」のページ。

必要ないかと思っていたのですが、記事数が70を越えて自分でも混乱してきたので、今さらですが作ってみました。

 

 

 

※時々、更新するかもしれません。

 

【このブログの登場人物】

●私

まぁこと申します。

関西生まれ、関西住みの社会人。

自ジャンルであるミッキーマウスを推して早15年。ミッキーマウスの良さを広めたい。

「好きなものは多い方が楽しい教」の信者なので、軽率に何でも手を出します。そして好きになる。

 

 

妹ちゃん

私の実の妹。2.5次元と出会わせてくれた。歳が離れていているので、私が一方的に溺愛しています。大好き。

妹ちゃんの物事の考え方が好き。色々なことを気づかせてくれます。

 

 

ミッキーマウス

私の最愛の推し。ブログ内で「推し」と表現しているのは、全てミッキーマウスの事です。全てが好きだけれど、踊る推しが一番好き…。

異性として好きですが、ガチ恋ではありません。

推しに関する代表記事はこちら。

私の推しを紹介します - 夢と徒然

推しとオタクにまつわる50の質問 - 夢と徒然

異性として好きだけど、ガチ恋じゃない - 夢と徒然

 

 

●A君

新しくできた3次元の推し。初めて推したいと思った人間の方。いわゆる若手俳優2.5次元俳優にも当てはまるかもしれない。

2018年8月現在、まだ推しはじめて8ヶ月ぐらいのドが付く新規。無理しないスタンスなので、もはや半分茶の間です。

A君の記事はこちら。

新しくできた3次元の推しが、ミッキーマウスだった - 夢と徒然

 

 

●B君

妹ちゃんの推し。同じく若手俳優。妹ちゃんの熱いダイレクトマーケティングにより、私もとても好きになりました。たまにブログに登場するかも…??

 

 

推しくん

関西の某テーマパークでの推し。キャラクターです。推しくん表記は彼のこと。ややこしくてすみません。

認知らしきものを受けており、私を離してくれない。あまりブログには登場してませんが、現在も通ってます。

初めて「認知」を経験した話 - 夢と徒然

 

 

【このブログについて】

このブログは、「人間でなくても推し事ができる!ミッキーマウスは推しがいがある!!」という事を広めたいブログとなっております。

推し事の記録として、接触の様子などを記していきたいです。

 

また、私自身が考えたことを言語化するのが好きなので、どうでも良いことをグダグタ考えた記事やポエムな記事も多めとなっております。大きな事象を自分ゴト化して考察するのが好きです。

 

ディズニーに関するブログは、攻略法や裏技などが中心の情報系ブログが多いですが、そういった記事はほとんどないと思います。

あくまで「ちょっと頭のおかしい推し事ブログ」を目指しております。

 

 

【その他】

マシュマロ

マシュマロ設置しております。ご意見、ご感想、ご質問、苦情……なんでもお気軽にどうぞ!

返信不要、公開しないでほしい等ございましたら、その旨を記載していただければと思います。

ミッキーマウスに会いに行かれた方、ご報告していただけると私が泣いて喜びます…。

 

Twitter

Twitterアカウントはこちらになります。

当初は更新情報のみ呟いていましたが、最近普通に色々な事を書くのでうるさいかもしれません。

もちろん、フォロー等もお気軽にどうぞ。

 

 

よろしくお願いいたします!

 

 

ただのにっき

 

生きてます!!!

 

 

 

久しぶりに文章を書きたくなったけど、特に書くべき大きなトピックもないので日記書きまーす。

 

 

■同族の察知能力

観劇を好むようになってから1年半ほどたったのだけれど、最近何となくお仲間を察知する能力が身に付いた気がする(別に生きるのに全く必要のないスキルだけど)。

こう書くと、ディスってんのかとか、お前はどうなんだとかいうツッコミが飛んできそうだけど別に悪意があるわけでも、必要以上のラベリングをしようと思ってる訳ではないです。

 

例えば、劇場に向かうために電車に乗っている時。まだ何駅もあるような時でも、「あ、この人も一緒かな」と目につく人が数人いる。そしてほとんどの確率でその人も同じ駅で降りていく。こういうことありません?

よくわからないけど、定番の服装とかブランドとかあるんですかねー。私は流行とかにも疎いし、明確に「こういう系統のファッション」とか「特定のブランド」とかがあるわけではなくて(強いて言えば物販のために大きめのカバンが多いぐらい?)、これから現場に行くという高揚感みたいなものを感じるのかもしれないなと思います。

そういう「いかにも観劇に行きそうな人」がわかるようになったということは、多分私も周りからそう思われてるのだろうなぁと思ったり。

 

 

これって自ジャンルのディズニーでもそうなんですよね。

別にオタクグッズとか身につけてなくても、大阪とかで「この人、同じ臭いがする…」って思った人が同じ夜行バスに乗ったりします。目的地一緒かーい!!ってなるやつ。

 

いや、だからなんだって話なんですが、この前、最寄りの駅でそうかなーって思ってた人が一斉に立ち上がったのがちょっと面白かったので。めちゃくちゃ方向音痴なので、ぽい人に着いて行くことが多いからかもしれない。

 

 

■いい双眼鏡を買ったはなし

"いい"と言っても、そんなに高いものでもないんですが、思いきって買いました。

今まで母が宝塚観劇で使っていたものを譲ってもらっていたので、めちゃくちゃ古いものを使っていたんですよね~。重いし、暗いし…。それに双眼鏡使うと、どうしても視野が狭くなるのがな…とイマイチ購入に踏み切れてなかったんです。

でも今回、あまりに後方だった舞台のため思いきって購入を決意したところ、めっっっっっっっっっちゃ見える!!!!!

視野も明るいし、手ぶれ?とかも少ないし、めちゃくちゃ快適!!!!!!すごい!!!!!

こんなことなら早めに買っといたら良かった~という案件でした。

でもあれですね。安物買いの銭失いじゃないけど、やっぱそれなりのお値段を払うことが大切なのだなとも思ったり。

良いものを長く使って、生活の質を上げたいなと感じました。

 

今回、ヨドバシカメラで購入しました。ポイントもつくし、店員さんがフレンドリーなので色々と聞いて買いたいときはついつい足を伸ばしちゃう。

売り場に京セラとか大阪城ホールとかの略図とおすすめ倍率表示してあって面白かったです。

なんとなく売り場をうろうろしてると、直ぐに店員さんが飛んできてくれたのですが、

第一声が「コンサートですか?ドームですか??」で、「観劇です」と答えると「宝塚ですか??」って聞かれたのが関西っぽい。

「これは野鳥とかのやつですね~。見たい方がめちゃくちゃ小さいとか、激しく飛び回らなければここまでは必要ないですね~」

「これは遠くも見えますけど、近くにもピントが合いやすいんですね。花とか…とか見たい人にオススメですね~(刀をめっちゃ強調する店員さん…)」

等々、的確なアドバイスで良い買い物が出来て満足でした。

いっぱい使いたいな。

 

 

■ロスのはなし

なんか最近、お別れに弱いです。自分でもよくわかんないけど。

最近見た舞台、もれなく「終わるのヤダ~、さみしい(;_;)(;_;)(;_;)」っていう感じになっちゃう。前までこんな感じじゃなかったのになぁ。。

 

ちょっと前と比べると、舞台を見て感じる気持ちや受け取れるものが大きくなってるのかもしれないなぁと思ったり。

今舞台に通いだして1年半ぐらいになるのですが、めちゃくちゃ楽しいです。

舞浜も大学生になって通い方を変えて1年半位がめちゃくちゃ楽しかったので、自分にとって良い時期なのだと思います。

 

楽しく生きてきいたい!!!!

 

 

 

 

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございました!

あまり更新もしていないのに、常にアクセスがあり非常に嬉しいです。

もう1年の半分に差し掛かろうとしていますが、楽しく生きていきたいな~。

 

何かございましたら、こちらまで。

まぁこにマシュマロを投げる | マシュマロ

 

 

 

3月4月の記録

 

 

令和!!おめでとうございます!!(??)

元号いっぱつめの記事は3月4月の記録記事です。

 

もうね、とにかく異動がめちゃくちゃ大変で…。3月は引き継ぎ、4月は新しい環境に慣れようと四苦八苦してたらいつの間にか終わってましたね…。

ストレスからか散財欲求が爆発して円盤とか買い漁ってしまったのはちょっと反省。後悔はしてないけど。

 

 

※ネタバレあり

 

 

【3月】

 

●MANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN&WINTER 2019~

噂のエーステ!!もうビックリするぐらいチケットが取れなくて……ビックリしました(?)

友人のご協力してたんですが、結局友人のおこぼれに預かって観るという…。しかし!せっかく観るからには万全にしていこうとゲームもやりはじめ、なんとそれなりに継続してプレイしてます。ソシャゲをちゃんとやってるの初めてかも。

箱推し気味なので現状特定の推しはいませんが、強いていうなら至さんが好きです。組なら冬組が好きで、ストーリーは秋組が好き。

そんなゆるゆるーっとした感じだったのですが、もうめちゃくちゃに楽しくて楽しくて……楽しかったです(語彙力の死滅)

 

なんか観終わったら脳内麻薬がドバドバ放出されてる気分だし、サイコー!!!!しか言えなくなる感じ。

なんだろう、正直比べるのも絶対違うんだけど、ちょっと舞浜っぽさを感じちゃうんですよね…。過去のザッツ・ディズニーテイメントのショーがすごい好きなんですけど、エーステのいろんなエンタメ的要素を詰め込んだ感じがそれを彷彿とさせるのかな。show must go onとか、たのしー!!!!!ってなって何も考えられなくなるので、本能レベルでの私の好みに合致してるのかもしれない。

 

秋組のストーリーは言わずもがな好きで、ポートレイトも舞台映えするのでグッときました。舞台にしたからこそキャラの心情が迫ってくる部分もあり、左京さんのポートレイトとか自分でも予想外に泣けました。

冬組はゲームで読んだときはあまりピンと来てなかったのですが、舞台を観終わった後はすごく好きになりました。大阪公演を見た後、気に入ったので千秋楽の配信も買っていたのですが(つくづく有難い技術だ…)、私が観たときと全然違って…!!凱旋から変えたのかな?どこが違うとかは上手く言えないのだけど、なんだかピースが全て上手くはまったように感じました。特に荒牧さんの紬がガラッと変わっていたかな…。

考えてみれば、冬組のストーリーにおいて明確に決着が着くのが紬(と丞)なんですよね。他の組もそうだけれど、密とかも具体的な話は第二部までお預けだし。

紬さんは観る前はそこまで印象が強くなかったのですが、なんかこう…、すごい感情移入しちゃった……。少年漫画とかでキャラクターが自己の信念に基づいて奮い立ったりする展開があるけれど、紬はそうではなく、変容するのは明確に「他者からの肯定」って所がすごく好きです。なんかリアルで。人が変わるのはやっぱり他者と交わったときなのかなと思います。

劇中劇で、お互いに「つむ」「たーちゃん」って呼び掛ける所がすごく好きなんですが、その後の『もう一度ここからはじめよう』って歌詞が良すぎて…ストーリーのタイトル好きなんです(号泣)。大人になったら、"もう一度、ここから"ってすごく難しいじゃないですか。それをするのがもう大人な冬組メンツなのがすごく泣けます。

そう!歌詞もね…いいですよね……。OPの秋組の『負けないように痛みを知るんだ』とか。好き……。

 

あれ?なんかめっちゃ長くなった??

ちょっと好きが溢れすぎて終わらなさそうなので、このへんで!

 

 

 

●Patch × TRUMP series 10th ANNIVERSARY『 SPECTER』 

繭期初心者ですが、シリーズにちょこちょこ触れてます。

絶対に絶望するってわかってるのに観に行っちゃうんだよな~~、なんだろこれ。みんな繭期のせい。COCOONも怖すぎますね。

私は初演は初めての繭期でしか触れておらず、わりとフラットな気持ちで観劇していました。

それにしても臥萬里はかっこいい男ですね…。少年漫画的というか、不器用な部分もあれど、信念を持ち弱きを助ける男…。

皆さんすごく身体能力の高い方ばかりで、殺陣や戦闘シーンが素晴らしかったです。

 

冒頭のキャスパレがすごくかっこよくて一生見てたいな~と思ってたら公開されて嬉しかったです。福利厚生が手厚い!

 


Patch × TRUMP series 10th ANNIVERSARY『SPECTER』Cast Parade

 

 

 

 

【4月】

 

●ミュージカル薄桜鬼 『志譚』 風間千景

めっちゃ良きでした。桜の舞い落ちるこの時期にまた次もやってほしいなぁ。

 

 

 

あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE -3rd Tour "Double Star!"-
スタライ。妹ちゃんのお付き添いでいってきました!妹ちゃんはSwitchのPなので、RISEに参加。Switchの動くお姿を初めて拝めるとのことで気合いもたっぷりでした。

しかし、京都パルスプラザほんまに遠い。行きたくない会場ランキング、かなり上位です。しかもステージがびっくりするほど見えないw

 

3Dライブ(っていう名称であってるのかな?)に初めて行ったのですが、そこにいる感が想像以上にすごくて驚きました。細かい仕草まで個性がある。もうこれ現実やん……。

会場の熱気もとにかく凄まじくて、そこも興味深かったです。☆5カード絵柄のバスタオル羽織ってる人がめちゃくちゃいた。

あんスタはガチでステしか履修してないので、改めて見て聞くとすごく作り込まれたコンテンツだなぁと感じました。まずさ、前提としてキャラデザ(絵柄?)が最高ですよね…。 衣装も楽曲も振り付けも、ひっくるめてアイドル!!!って感じがすごい良かった。コーレスも楽しかったです。

それにしてもトリックスターの声が強すぎる…豪華……。

 

どのユニットも最高でしたが、流星隊が最後に歌った『アンリミテッド☆ パワー!!!!! 』がちょっとあまりに良すぎて思わず涙ぐんじゃいました。アルバム新規曲だそうで、私はこのライブが完全初見だったのですが、とにかく歌詞がよくて…。「みんなの声援がエネルギー」とか「本当にありがとう!」(要約)みたいな歌詞で、そんなんライブの満員の会場で推しから歌われたら泣くしかないし、ズルすぎる…。エモが過ぎるよぉ。

次回も決まったようでめでたい!

 

 

【3月4月のグミ記録】

 

 

 

 

 

果汁グミを基本(★3)にした、超個人的な感想。意外と楽しんでやってます。

 

 

 

5月はわりと現場が多くなりそうです。

GW終わってマジで鬱なんですが、何とか乗り切りたい!!

 

 

読んでいただきありがとうございました。

何でもお気軽にどうぞ~。

まぁこにマシュマロを投げる | マシュマロ

 

 

ミュージカル薄桜鬼 志譚 風間千景篇 感想

 

薄ミュ見てきた~~~!!!

はちゃめちゃに良かったので、ひっさしぶりに感想記事に挑みます。しかし感想を言語化するの苦手だから支離滅裂になるかも。

 

 

※ネタバレ有り

※原作ゲームには疎い人の感想です。解釈違い等はごめんなさい。

 

 

 

 

私の薄ミュは、前回の志譚土方篇が初観劇でした。そもそも舞台観劇をするようになったのも最近だしね。きっかけは友人からの「長く続いてるシリーズだし、後学のためにも触れといて損はない」というお誘いでした。

 

その時は、「ほー!面白ーい!」ぐらいな軽い感想でした。ところが、その後CS放送で過去作が全作品放送されたのをきっかけに、過去作を何度も見返すぐらいにハマって、円盤を入手したものもあります。

原作ゲームには触れていないので、"ミュージカル薄桜鬼"が好きって感じなのかな(邪道かもしれない)。

自分でも何が良いのか聞かれても上手く言語化できないんですけど、様々な角度から物語を見られることの面白さと、作品全体に通してある熱量みたいなものに惹かれるのだと思います。

 

で、一通り過去作を見たなかでも1番好みなのが風間篇だったので、今回決まってから本当に楽しみにしてたんですよね~~。

まさかたった1年でここまで作品そのものに対する感情が変わるとは思わなかったです。

 

 

 

今回、全体的にスタイリッシュな感じになったな~というのがまず1つ目の感想。

初見の時は、歌のアレンジに「んん?」ってなったり(歌いにくそうな所もあってちょこちょこ気になった)、ダンスにビックリしたりしましたが(特にヤイサ)、複数回観るうちに、なんかしっくり来たような気がするから不思議。個人的には手放しで絶賛!!じゃない部分もあれど、今回もみなさんお歌がお上手だし、満足感が超ありました。新キャストの方も続投キャストの方も皆さん素敵。

 

 

曲のアレンジだと、序盤の池田屋!初見は驚きましたが、見れば見るほどかっこよく思えてきてしびれまくってました。

障子使うのいいなぁ。あのシーンの土方さんがかっこよくて好きなんです。

 

 

あとね~、羅刹になった沖田さんと土方さんが再会して、斎藤さん→沖田さん→土方さんソロ→「生きろ」の流れが!!!

もともと好きなんですけど、あのアレンジが!!!!すごい良い!!!

なんか豪華な感じというか、キラキラしてるのに切ない感じが…。確か前回の風間篇では、もっとみんな満身創痍な感じで歌ってませんでしたっけ?もういない仲間の意思を受け取りながらの土方さんの「生きろ」「死ぬな」が本当に涙腺に来る。

ベタなんですけど、仲間の意思を受け継ぐみたいな展開に弱い。

 

 

 

私の中で薄ミュは「選択」の話だと思っていて、特にこの風間篇はそう感じます。

「自分が何者か」よりも「どうありたくて、そのためにどう行動するのか」みたいな。自ら道を選び誠を追い続ける姿はもちろん、それを選ばざるを得ない選択でも、そこに意味を持たせるのは自分なんだよなぁと思ったりしました。

 

 

そして風間千景。

かっっっっっっこいいねー!?

もう全編通してかっこよくて、乙女ゲームだ!!!って思いながら観てました。

風間篇のちー様は行動にブレがなく鬼の頭領としての信念を持っていて、自分のやるべきことやプライドをしっかり持っているのが好きです。そんな中、ふとした瞬間に見せる優しさが…ズルいですよねぇ。

今回の風間さんは、千鶴の選択を後押ししたり、静かに寄り添ったりする感じがすごい好きでした。背中をそっと押したり、抱き寄せたり。多分最初は千鶴の事を貴重な女鬼としてしか見ていなかったと思うんですけど、徐々に想いを寄せていく感じが良い…。どこから意識するようになったのかは、ディレイ配信とか見てもう少し自分の中で深めたいな。

 

で、ラストシーン!!!

前回のラストもすごい好きなんすが、ちょっとほろ苦いですよね。前回の風間さんは、人として生きるという千鶴の選択を尊重したんだと思うんですが、それは同時に自分自身の鬼の頭領として生きるという選択は捨てられないってことだと思うんです。 

自分の立場にプライドを持っていて信念を曲げない所はすごくかっこいいんだけど、例えば土方篇だとはぐれ鬼になるぐらいはしゃいでたりするので、お前はそこで引いて本当にそれでいいんか!!!?って個人的には思っちゃうんですよね(もちろん、それぞれのストーリー毎に違った行動になるのも魅力の1つですが)。

 

でも今回、千鶴を迎えに行くと言ってくれてなんだか嬉しかったです(原作に近い感じなんですかね?)。

なんとなく、今回の風間さんは千鶴ちゃんや土方さんをはじめとした新撰組の隊士達が道を選ぶ姿に、少なからず影響を受けたのではないかなぁ。最後まで鬼の頭領としての道を捨てたりすることはなく(それはそうと、土方さんの一太刀を避けずに受けるの最高にかっこいいですよね。そのあとのアカペラも…)、でも千鶴ちゃんのことも同時に選んだのかなぁって思います。それって両方を手に入れるってことだから、ある意味傲慢というか欲張りなんだけど、主人公なんだからそれぐらいでオッケー!!って感じです。主人公補正。

千鶴ちゃんの歌を自らぶったぎっていくのがほんとに最高。エモでしかない。

 

最後の最後、暗転前に風間さんと千鶴ちゃんがお互いに一歩歩み寄るの最高じゃないですか??あの瞬間、二人の距離がさらに近づいたように、お互いに道を決めたように思えました。

 

 

舞い落ちる桜が本当に美しかった。

私はド新規ですが、これからも長く続くシリーズになればいいなぁと心から思います。

 

良い作品に出会えて良かった!!です!!

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

何かございましたらこちらまで。

まぁこにマシュマロを投げる | マシュマロ

私のTDRの好きな飲み物たち

 

素敵な記事を拝見しましたので、私も便乗してみます。

 

 

(引用失礼いたします!)

 

 

 

TDRの好きなドリンクか~!

ドリンクってあんまり語る機会がなかったので私も書いてみました。順位を付けるのは難しかったから、思い付くままに書いたよ!

あと、写真フォルダ探したけど、確かにドリンクって全く撮らないね!写真が無かったから、all文字でお届けします。

 

 

 

●ホットココア

Twitterでも度々つぶやいたけど、まじで美味しい。この世で最も美味しいココアだと思ってます(異論は認める)。このココアを飲むために冬に舞浜に行ってると言っても過言じゃない(?)。寒いショーパレ待ちにホットココア…至福……。

 

多分、スポンサーのmeijiさんのココアだと思うんだけど(違うかも)、なんか濃いんです。濃いというか風味豊か??

家で再現しようとして死ぬほど粉をぶちこんだとしても溶けきらないと思うんだよな~、不思議。売ってる店舗も少ないからホットココア取り扱い店舗にめちゃ詳しくなった。

 

 

●ミッキータピオカドリンク(サワーホワイト)

トゥーンタウンのグッドタイムカフェに売られてるドリンク。爽やかなカルピスみたいなホワイトサワー(炭酸)にカラフルなミッキーマウス形のタピオカがたっぷり入ってる。

 

とにかく、夏に飲みたい!!!っていう爽やかドリンク。

しかもミッキー形のタピオカも見た目だけで幸せになれるかわいさ。たっぷり入ってます。モチモチ。

ただ、最後にタピオカ余ってしまって上手に飲めないのが難点。これ、どうしたらいいの?

 

 

●みそクリームスープ

え?飲み物じゃなく食べ物だろ???

…いや、その意見はごもっともですがやはりこれを外すことは出来ないので書きました。

 

冬期限定発売のスープ。パークで1番好きな飲み物かもしれん。冬が来るのを心待にしてます。

味が想像できないって良く言われるのですが、ベースはコンソメのオニオンスープで、牛乳とお味噌の風味がふわっと香ります。まじで神の飲み物。 

味噌汁+牛乳って考えるとビビるけど、ようはラテです(?)。牛乳で割ったら何でも美味しいやん? 知らんけど。

クリーミーな中にお味噌の風味とコク、さらに玉ねぎの甘味も感じられるんですよ~。アクセントに揚げた玉ねぎのチップスも乗っていて、これも香ばしくて最高。

 

3月にローソンで"玉ねぎ味噌クリームスープ"なるものが発売されていて、これがかなり近いお味だそう。私は飲めてないのですが、まだ売ってるのかな?見かけたら是非ご賞味あれ。

 

 

 

 

以上、TDRの好きな飲み物でした!

元記事様のラインナップが、わかる~~~!!!!って感じだったので敢えてはずしてみました。

フロンティアパンチも神の飲み物ですよね……。飲みたい……。

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

何かございましたらこちらまで。

まぁこにマシュマロを投げる | マシュマロ

 

 

好きな舞浜曲を紹介するだけの記事

4月1日!!!!

元号発表されたり、エイプリルフールだったり色々あったけど、わりと新年度初日は忙しくてイマイチ乗り切れなくて終わってしまった…。

 

最近本当に文章書けなくなってきたので、もっと気軽に書きたいなぁって思いまして、手始めにTDRで好きな曲を紹介する記事かいてみます。

マジで思い付くままの羅列なので、統一性とかは皆無。

 

 

 

 

 

●ブラン・ニュー・デイ

はい!来ました、ランド35周年テーマソング!!この1年死ぬほど聞いたよ!

みんなで盛りあがろー!!って感じが最高。サビ前の「わん!つー!!すりー!!!」もめちゃくちゃテンションあがるんだよな。歌詞も良いし。

しかもどんなアレンジにしても最高なんだよな。バラードもウエスタンも、アップテンポにしても良い。最強じゃん。

 

 

 

東京ディズニーランド・イズ・ユア・ランド

原点にして頂点。

朝、来園してバンドがこの曲を演奏しているのを聞くと、あぁ~~!!ランド来たぁー!!!ってなりません?私はなる。

 

子どもも大人も楽しく過ごせる。そう、ここはそういう場所なんですよ。

 

 

●カム・ウィズ・ミー

シーのテーマソング系だとこれが1番好きかもしれぬ。マイナーだけど。

"冒険とイマジネーションの海"のワクワク感を感じる壮大な曲。聞くたびに震えちゃう。

 

 

 

●コンパス・オブ・ユア・ハート

これ舞浜好きみんな好きでしょ(突然の主語の拡大)

日本の東京ディズニーシーのために、あのアラン・メンケン氏が書き下ろした曲です。アランメンケンと聞いてもピンと来ない方もいらっしゃるかもしれませんが、ディズニーのめっちゃすごい作曲家の方です。レジェンド。美女と野獣も、リトルマーメイドも、アラジンもこの方が作曲(しかもこれらがほんの一部)。

前回のD23EJでの初コンサートでアンコールにこれを演奏してくださったのですが、曲名を聞いただけで泣く人続出だったそうで。わかる。

 

 

 

 

アクアスフィア~プラザ・ナイト

シーのメインエントランス、大きな地球儀があるところで流れている曲。昼間に流れるデイと夜に流れるナイトがあるのですが、このナイトが超超超好きです。

これ聞いたとたんに"帰りたくない症候群"が発症して死ぬほどセンチメンタルになる。この曲に被せてCV森川智之さんのアナウンスながれるんやで?泣くやん。

物悲しさと美しさ、柔らかさ、壮大さ…様々な響きを感じる曲。

実際は立体音響なのですが、YouTubeにそれを再現した音源等もいくつかありました。

 

●サンクス・トゥ・ユー

オタク、推しから感謝されるのに弱い人が多いと思います。私もそうです。

推しはパークの長なので、パーク(公式)からの"ありがとう"は推しからのありがとうも同義ですね!

バレナイのカーテンコールでこれ使われたときは、本当に震えました。また使ってほしい。

 

 

 

なんか偏りすごくなってしまった…。

しかもこれだけじゃ全然紹介した気がしないので、また書こうかなーと思います!

 

 

新しい時代も元気よく生きたいな!頑張ろう!

 

 

 

お読みいただきありがとうございました。

何かございましたらこちらまで。

まぁこにマシュマロを投げる | マシュマロ

 

 

 

出張で関東の方に来ていたので、どうしても我慢ができなくなって舞浜に少し寄り道をした。寄り道というにはあまりにも無駄な移動だし、絶対に乗らなければならない新幹線があるので30分程度しか滞在できなかったので、我ながらバカなことをしたと思っている。後悔はしてないけど。

 

今、新幹線の中でこの文章を書いてる。

 

 

 

今日の舞浜はもうすっかり暖かかった。まさしく春。つい最近まで夜の防寒具は必須だったのにね。ビビディの高い方のシンデレラのドレスを着た女の子が家族と楽しそうに歩いていた。何も羽織っていなかった。オシャレするには良い季節、冬は過酷だものね。10万のドレスはしあわせの象徴で素直に素敵な光景だなと思った。

 

 

舞浜駅を降りると西日が眩しい。駅の大きな看板を見ると、推しがこっちを向いて微笑んでいた。少し複雑な気持ちになる。

 

そのまま歩いてボンボヤージュに行くと、店内に35周年のグッズはほとんど置いてなかった。最近はグッズはイベント終盤まで在庫がなかなか残らない。大好きだった35周年ももう終わろうとしていると見せつけられた気分。すごく寂しい。

 

そのまま坂道を下ってランホのマーカンタイルへ。35周年の痕跡を探したかった。

入り口でキャストのお姉さんに明るく話かけられた。

「こちらで、新商品の海老煎餅のご試食をしております!いかがですか?」

お姉さんは手に、海老が含まれている旨が大きな文字で書かれた案内を持っていた。多言語で書かれているのに感心した。試食でもアレルギー対策は大切だよなぁ。

1つ受けとるとお姉さんは話かけてくれる。

「お仕事帰りですか?」

「そうなんです、少し時間ができたので寄りました」

キャストさんと話すのすごく楽しくて大好きだ。ポストカード買うとレジのお姉さんも明るく「いってらっしゃい!」と声をかけてくれる。小さいことかもしれないけれど、大好きな瞬間。

 

そのままUターンするのが惜しくて、リゾートラインに乗ることにした。

やって来たのは35周年のハピエストライナー。たぶん、これが最後の乗車。ブランニューデイのテーマソング、大好きでたまらない。ずっと聞いていたい。

みんなそうだと思うけど、私はパーク側の車窓から風景を眺めるのが好きで、パーク内からは隠されているバックステージが見えるのは得した気分になる。

 

今パークは大規模な工事中で、エントランスも、美女と野獣エリアとなるところも、駐車場の所も重機やトラックが大量に止まっている。夕方だけれど、たくさんの工事関係者の方が作業されている。この力が集まって、魔法のような空間が生まれる。

 

 

そんな光景を見ていると、自分でも驚くほど本当に唐突に嫌だなという気持ちが浮かんできた。

 

変わってほしくない、寂しい。私の好きな姿でなくなってしまうかもしれないなら、変わらなくてもいい。

 

すごく傲慢な考えだ。でも、それが本心だったのかと自分でも改めて気がついた。

 

 

 

工事という変化の象徴を見たことで気がついた気持ちだけれど、新しいエリア自体はもちろん大歓迎だし楽しみ。

でもそれ以外の所で無理していたのかもしれない。イヤだって思うのは良いファンじゃないって自分に呪いをかけていたのかもしれない。

 

 

本当は、シーズンデザインのショッパーを廃止するのはすごくイヤ。豊富な種類毎の隠れミッキーを探すのがすごく好きだったのに。

 

レストランの紙皿提供もイヤ。メニューが少なくなるのも本当に寂しい。食事は旅気分を味わえる大切なものなのに。

 

他にもイヤだなって思うことたくさんある。もちろん推しの件についても。

 

 

夢を売ってるんだから経費削減や利益追求するなというのはあり得ない暴論で、そう思ってる訳じゃない。パークが末永く続くためにはそれも大切なこと。

食事も、今の混雑具合を見ると提供スピードを早める対策は必須。これも理解はしてる。

 

だからイヤだなー、残念だなーって思うのは良くないことだって自分自身に知らず知らずのうちに言い聞かせていたのかもしれない。

推しの件についても、推しのためにも良いファンでいたいって思いすぎていたのだと思う。

そもそも良いファンって定義自体、ないのにね。

 

 

そうか、私はイヤだって思ってたんだな。 

そう認識すると、車窓を眺めながらなんだか泣けてきた(完全にヤバい人)。

 

リゾートラインからは、シーのバックステージがすごくよく見える。

半泣きで窓を見ていると、バックステージを歩くキャストさんがリゾートラインに気づいて手を振っていた。裏にいるのに手を振ってくれるキャストさんもたくさんいる。

わざわざ立ち止まり、両手で大きくこちらに手を振ってくれるキャストさんもいた。すごく、嬉しくなった。

 

 

 

変化が寂しいなって思うこともあるけど、私が本当に好きな部分は変わらないのかもしれないなって改めて思えた。それは多分、自分の本心を認めたからこそ出てきた思い。

 

 

リゾートラインを降りると、小さな男の子が帰りたくないと駄々をこねて泣いていた。

昔から変わらない光景。

 

 

多分、パークがそういう場所である限り、この光景が変わらない限り、私は何があっても推しの事が大好きなんだろうな。そう思った。

 

帰り道、推しがニッコリ微笑むポスターを見ても、寂しい気持ちはだいぶ収まっていた。

 

1月2月の記録

 

新年1発目の記録記事でございます。

2ヶ月ごとだから書くたびに、前どうやって書いてたっけ??ってなる。

1月は行く、2月は逃げる…とにかく日が経つのがはやすぎてビビりたおしてますが、毎日楽しく生きる!を目標に頑張って行こうと!!思います!!

 

 

【1月】

●人生初サンリオピューロランド

こちらの記事に詳しく書いてます。

なんだか沢山の方に読んでいただけたようで嬉しい限りです。

ちなみにこの時は夜に舞台を入れていたので1日遊ぶことはできず…。楽しかったので今年中にまた行きたいです!

ほんとにテーマパークが大好きだ!!

 

 

●ディズニー遠征

前日にピューロと舞台行って、次の日はパークに行ってました。Twitterにも書いたけど、この時はじめて「お誕生日当日に駆けつけられなかった自分」が成仏した気がしました。推しは本当に優しい。

ミッキーマウスってハグするとめちゃくちゃあったかいんです。生きてるから当たり前なんだけど、そのあたたかさに触れる度めちゃくちゃ幸せになれる。好きだよ…。

 

 

●少年社中「トゥーランドット ~廃墟に眠る少年の夢~」

なんかエンタメを浴びたいな~と思って、当日の朝に当日券がある舞台を探して見に行ってきました。ブログ等でもでチラチラ感想を目にしていたので興味も湧いていましたし。なんでわざわざ書くのかというと、こういう行為が自身初体験でテンションあがったからです。多分、観劇が趣味の方にとっては当たり前の事ですよね~。でもポッと予定に無かった8000円とかを使うのは初心者の私はドキドキしちゃった。もちろん本当に値段以上の価値を受け取れるんですけどね。演劇って何て贅沢!

そのシチュエーションで「演劇で世界が変わる」って作品を見たのがエモが過ぎますね。皆さん素晴らしかったのですけど、鈴木勝吾さんがめちゃくちゃかっこよかった。口上にしびれました。

うわ~~!演劇を見たぞ~~!!って感じの満足感がありました。

 

 

 

●映画刀剣乱舞

まじで映画館に住んでた。自分的にはそれぐらい観ました。ここまで映画館に籠ったのは推しが『ミッキーのミニー救出大作戦』で久々に銀幕に出た時以来ですね…。アナ雪と同時上映だったので、アナ雪の興業収入にめちゃくちゃ貢献したという思い出……。

というか映画って安すぎません???いいの???何回見ても舞台1回分にもならなくて驚きだよ(これは舞台が不合理に高すぎるという話ではなく、映画が安すぎるという話です)。

IQの低い感想記事はこちら。

 

 

【2月】

星野源 DOME TOUR 2019『POP VIRUS』

2.5でライブ的なものに参戦しつつ、そーいえば純粋なアーティストのライブって行ったことないな~という時に友人にお誘いいただきました。

ま~~これがね~~~、すっっっっっごかったんですよ~~~!!!

私はアイデア星野源さんに深く興味を持ったというド新規にわかなんですが(一応予習はして臨んでますが)、そんな私でも「そう!!それ聞きたかったの!!!」っていう連続。初ドームツアーって事の配慮かな?曲の流れがめちゃくちゃ気持ち良い。それに加えて昔からのファンも喜ばせる要素もたっぷり(ファン歴の長い友人が横で感激してました)。

あと、音がめちゃくちゃ気持ち良かったです。もともと大きな音が苦手で、舞台でもスピーカー近くの席だとちょっとキツいなーと思っちゃうんです。今回スタンドですが、ありがたいことに良い席で。でもスピーカー…と思っていたのですが、いざ始まってみるとすっごい気持ち良い!低音も体に響くし、シンセみたいなピコピコサウンドも最高でした。曲を聞きに来てる!って感じ。

星野源さんのコンサートはペンライトやサイリウム禁止なんですが、みんな思い思いに体を動かして踊ったり、リズムを取ったり。カップル、家族連れ、ご年配夫婦…本当に老若男女のお客さんが1つのものを楽しんでるのが最高でした。

 

 

 

●刀ステ悲伝 リリイベ

登壇者の人数は少ないけど、すごく濃厚で楽しい一時でした。荒牧さん、お誕生日おめでとうございました。

レポ書こうと思ったのですが、加藤さんのお言葉を文字起こしするのが難しくて断念しましたw 「!!」を付けたりしても、彼のお言葉の良さみたいなものを表せぬ。

加藤さんが「前ちゃんは俺のお母さんです!!」というような事を連呼して、その後ビデオメッセージで登場した前山さんの第一声が「うちの加藤将がお世話になっております」の流れが死ぬほど面白かった。キャスト全員から「お母さん…!!!」って突っ込まれてました。ほのぼの。

 

 

映画刀剣乱舞-大展覧会-

衣装こんなに近くで見られる機会もなかなかないよね~!すごく良かったです。とにかくなめ回すように見てしまったよ。しかもお写真撮れるのも最高でしたね。

モノが出来ていく仮定やこだわりを知るのが好きなので、こういう展示大好きだし、地方でもやっていただけたの嬉しかったな~。

冊子とかにもちゃんと倶利伽羅江いたのも嬉しかった!

 

 

 

 

あと、あんステが中止になるなどのハプニングもありました。ライビュはド平日で無理で悲しんでいたのですが、配信があって事なきを得ました…。ほんと、舞台ってナマモノ…。あれを見せられてヴァルPの方、生きて帰ってこれたのかな。主従的な関係があまりに性癖で…沼りそう……。

 

 

 

【番外編 グミ記録】

実はグミが大好きなんですけど、気まぐれで先月から食べたグミを記録しています。

どのグミも好きなので、あえて果汁グミミカン味を★3にするという辛口評価でやっております。個人的な好みでしかないです。

 

 

 

 

日々のルーティンを楽しくするのも工夫次第だと最近よく思います。

3月に入って辞令がでたりとか…またバタバタしそうですが、日々楽しんで生きていきたい!です!!

 

 

お読みくださりありがとうございました。

何かございましたら、こちらまでどうぞ~。

まぁこにマシュマロを投げる | マシュマロ